新年AVレビュー

DSC_1623
D800 developed with Apple Aperture3

DSC_1623_DxO
D800 developed with DxO Optics Pro8

昨年末に購入したAV機器の簡単な感想を・・・
KDL-46HX850
とりあえず1920*1080の単色のファイルを用意して画素チェック。
無事にクリア。
画質はいろいろなサイトを参考にし、自宅の照明にあわせて設定。
やはり6年前のREGZA Z2000よりも大分進化。
モーションフローのおかげなのか、
いままで右から左へ流れるテロップに残像がでない。
オプティコントラストパネルのおかげか、
REGZAより一枚向けたシャッキリした画かな?
照明の写り込みは結構ある。

音質は酷い。
単体だとラジオかよ!って程酷い。
オプションのサウンドバーを装着しても酷い。
AVアンプが必須なTVかな?
ここは6年前のREGZAが勝っている点か。
総じて買って良かった。

SC-LX86
音場設定が楽。
リスニングポジションを複数保存してセレクト出来るのが良い。
HDMIのARCを通して、貧弱なTVの音を高音質化して再生してくれたりとか賢い。
iOSとの親和性が高い。リモコンはアプリで!
音質はDENONの時よりも高音質になったかな?
これも買って良かった。

AV機器の購入は、エイヤっと勢いで買わないと
いつまで立っても新製品発表のループに嵌って買えなくなるので、
思い立ったら買えば良いよ。
そして後悔すれば良し!

今年はプロジェクターをリプレイス出来たら良いよね。良いよね・・・

Similar Posts: